瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Oct 8, 2016

インドネシア・サンプリング(7月11日~8月14日)

posted by Yoshi
修論を間近に控えたM2です。
気分転換にブログを書くことにしました。

少し前のことになりますが、修論に必要なヤドカリサンプルを採るために、1か月ほどインドネシアに行ってきました。

首都ジャカルタに拠点を置き、ジャワ島周辺とロンボク島に行ってきました。

ジャカルタの道路
日本とは違い、交通の整備がほとんどされていないので、とても危ないです。
基本的に信号は無いので、道路を渡るときは手を上に挙げて、渡ることをアピールします。
そして車が止まってくれるのを待ってから渡ります。


赤道が近いので日差しは強いですが、カラッとしていて陰に入れば涼しいです。白浜より涼しく感じました。






目的の種はヨコバサミ属のヤドカリです。



(ヤドカリ採集写真)


ジャワ島付近での採集地点として、パンガンダラン、スリブ島、バンテンの3地点に行きました。

(パンガンダラン写真)

(スリブ島写真)


スリブ島では九州大学の人たちとも出会う事が出来ました。まさかこんなところで日本人の方に出会えるとは!!2週間ぶりに日本語が話せてうれしかったです。



現地の方が 僕たちのためにBBQをしてくれました。






帰りの船です。


スリブ島での生活は、まさに南国の島という感じでしたが、シャワーからお湯が出ることは無く、トイレはセルフ・ウォーシュレットという感じです。やはり、トイレットペーパーは偉大です。


 ロンボク島はこんな感じです。




現地の子供たちもサンプリングを手伝ってくれました。
将来が有望ですね


と言う感じで、5週間のインドネシアサンプリングが無事に終わりました。
採集したヤドカリはこんな感じです。

今回、苦労したことと言えば、トイレですね・・・。
あと、食事、、
日本食が恋しすぎて、大変でした。
最後の1週間は、日本でも食べられるものと言う事で、ずっとマクドナルドで・・・。
安定のマクドナルドです。

でも、海外に行くことは研究者との交流以外にも、その国の文化や風習にも触れることが出来るので、とても楽しいです。
確かに、現地では色々と苦労をしますが、どうしてもまた行きたくなってしまいます。

最後に、これが今回採れたヤドカリたちです。



No comments:

Post a Comment