瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

May 30, 2016

白眉 / K-CONNEX 合同合宿

投稿:KK


光山センター長のご挨拶、所長より瀬戸臨海実験所の歴史の紹介がありました。


久保田先生からのご挨拶もお願いしまして、
一同笑いに包まれたあと、

お題「研究・生活において心底面白いと思っていること」として白眉研究者たちの発表がありました。みんなエッジが効いていて面白い!

原村さんの卵の行動学について(え!? 卵って行動するの!?)


水族館ツアーを加藤さんにお願いしました。まるで、修学旅行。


加藤さんから熱のこもった展示水槽の解説。


バックヤードツアーもやっていただきました。
特別に閉館後に1時間延長していただいて、ありがとうございました!



ツアー後、夕日を眺めながら、ホテルむさしへ皆で歩いて行きました。

夕食時には、光山先生から、「革新的な研究というものは、そのときはどういうものか分からず、10年、20年経ったあとで、ここで研究の流れが変わったよね、と事後的に確認できるものにすぎない。そのとき一過的に革新的だと騒がれているようなものは、ほんとうはどうか分からぬものだ」という主旨のお話があり、一同深く頷いたのでした。



そして、語り合う夜はつづき...



二日目は、白眉側3人、小川先生からのご挨拶のあと、
K-CONNEX側から9名の発表がありました(なかなかいい写真がとれなくて一部でスミマセン)。

置田さん。

小川先生。

木野さん。




最後に集合写真をパチリ。



No comments:

Post a Comment