瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Jun 17, 2015

藻類と海浜植物の系統と進化⑦

すさまじい天気になってきました...

白浜では珍しく,猛吹雪です! 


そんな中,構内の植物の観察結果の発表会が始まりました.

「トベラとナワシログミにおける種内変異について」 


「ハマダイコンの形態解析の諸諸」 


外部形態観察だけでなく,

切片なども作成し,多角的に検証してくれました! 


最終日は自畠島に渡りました.実験所研究船の「ゾエア」が大活躍です! 


大和先生がご同行くださりました.

畠島の説明をされています! 


寒風吹きすさぶ中,海浜植物の説明中.

畠島は,このような植物が自然の状態で生い茂っている貴重な場所らしいです. 


せっかくなので海藻の説明.強風のためかはわかりませんが,

かなりの数の海藻が打ちあがっていました. 


中でも圧巻だったのがコチラ.「ヒロメ」です.

白浜周辺では何故かワカメが育成できないため,

代わりにこのヒロメを主要な食用海藻として生産しています.

独特の食感がクセになる逸品で,

現在ではこれを名産として売り出しています. 


皆で撮影会になりました! 


畠島で収集した植物も併せて,押し葉標本にして終了! 


最後は恒例のウミウシフィギュア謹呈です.

皆さんお疲れ様でした!

No comments:

Post a Comment