瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Apr 30, 2015

藻類と海浜植物の系統と進化②

室内観察の次は,干潮に合わせて磯に出ます. 


鰺坂先生による野外での講義.

見て,さわって,匂って...文字通り「五感」で海藻を同定していきます. 


乾燥に耐えるボタンアオサ. 


ムカデノリ 


ピリヒバとアオモグサの群落.


これは,ベニスナゴ? 


アオモグサの中には,小さなケブカガニ?の赤ちゃんが.

海藻は,様々な生物のよりどころになっているのですね. 


持ち帰った海藻の標本作成.まずは淡水で塩抜き.

湿度の高い日本ならではの作業で,乾燥している欧米ではやらないのだとか. 


うまく紙の上に海藻を乗せ, 


整形します. 


後は,吸水紙とガーゼで挟んで乾燥!

お疲れ様でした!

No comments:

Post a Comment