瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Sep 10, 2014

公開臨海実習「発展生物学実習」(+京都大学臨海実習第二部)⑧

実習レポート最終話です! 


最終日は恒例のBBQで打ち上げです!

朝倉先生の乾杯のごあいさつ. 


海の幸も山の幸も食べつくせ! 


ナーラさんのエジプトの手料理を堪能. 


味覚が「美味しい」か「すごく美味しい」しかない私は

食レポが非常に苦手なのですが,

なんといいますか,こう,スパイスが効いていて酸味もあって美味しかったです.

(伝えきれなくて無念です)


そして室内に移動して二次会(?)

打ち上げは夜遅くまで続きました. 


翌日はお掃除!

お世話になった実習室を襲寺して帰りましょうね! 


朝倉先生の締めの挨拶. 


動物学会などでは,近年発生進化学(エボデボ)や生態進化学(エコデボ)

と呼ばれる分野の研究発表が盛んです. 


一方,「終った学問」という印象もある系統分類学ですが,

実際には多くの未記載種や学名の整理に,

まだまだやることが盛りだくさんの分野です. 


それだけでなく,あらゆる分野の研究成果を全て形質として取り込めるという点で,

これからの発展性も見込める,やりがいのある分野だと私は感じています. 


瀬戸臨海実験所は,そのような系統分類学を行っている,全国でも数少ない研究施設です.

興味のある学生は是非とも門戸をたたいてみてくださいね. 


最後に,ウミウシフィギュア+マグネットをお土産に持って帰ってもらいました. 




というわけで 





京大+公開臨海実習終了!! 


お疲れ様でした! 







それでは! 







オフショット集参りましょう! 



小丸島を眺める畠島上陸者一同

大変良い天気でした. 


畠島のアマモ場で採集を行う麦わら帽子集団. 


様々なサイズの貝類の肉抜きに果敢に挑戦する学生一同. 


今回の目玉生物No. 1はこれ! 


スズメガイダマシという腕足動物です! 


タツナミガイの消化管から採取された石状の硬質物質.

どうやらこれで食物をすりつぶしている模様. 


院生の凌くんによる,標本撮影指導.

瀬戸院生から実習生への知の継承の現場です! 


必ず誰かがこれをやる! 


メイオベントス観察の際の浸透圧ショックでのバーテンダーの真似.

(今回は私のリクエストもありました(笑)) 


まるかわでの最後の晩餐の様子. 


お,お刺身です!

送り迎えまでしていただいて,美味しいお米がおかわり自由です!

一週間ありがとうございました! 


最後に,お土産のウミウシフィギュアのアップで締めといたします. 


一週間強,おつかれさまでした!

No comments:

Post a Comment