瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 8, 2014

海産無脊椎動物分子系統学実習②

夕食後は器機の使用法の説明です。



まずは分子実験の基本装備である白衣のサイズ合わせです。

全員に合う分のサイズがあって一安心。


ピペットマン(数μlの試薬を、極小のチューブ内に出し入れできる器具)を制する者は実験を制します!

基礎をじっくり教え込む中野元帥。


水を使って練習。

ピペットマンの使用法を体に刻み込みます。


次は「タッピング」の習得です。

チューブを指ではじくことで中の試薬を混ぜるテクニックです。


実習は夜遅くまで続きました。

翌日は、いよいよ朝から実験開始です!

No comments:

Post a Comment