瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 22, 2014

藻類の系統と進化①

2014年3月17-22日にかけて、公開臨海実習「藻類の系統と進化」が開催されました! 

白浜周辺の藻類や、海浜植物の高い多様性に着目した実習です。 

普段海産無脊椎動物を見ているだけでは得られないことも多く、大変勉強になります。 


畠島へ向かう一行。

畠島は、離島の植物相が手付かずのまま残っている貴重な場所でもあるのです。 


現場での植物の説明。

海岸付近は潮風の影響で、

植物にとっては過酷な乾燥環境なのだとか。 


海浜植物をシャベルで掘り出して採集します! 


陸上だけではありません。

学生の足元に生えているのは「コアマモZostera japonica」です。

陸上から海中に適応した珍しい種子植物です。 


帰所後、所内の植物の観察です。

何気なく毎日見ている植物も、実は面白い生態をもっているそうですよ。 


ウラシマソウです。

雌雄を判定するには、

葉に包まれた部分を解剖する必要があるそうです。 


楽しき植物の生態解説に、学生も興味津津でした!

No comments:

Post a Comment