瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 22, 2014

藻類の系統と進化④


野外観察の続きです。

先生の後ろには深いくぼみがあり、日中は陽が差さない場所になっています。

こういったところには、暗所に適応した藻類が生息しています。 


これはムカデノリ「Grateloupia asiatica 」です。 


太い茎部分から、細い足がたくさん生えていて、

まるでアレのようなことからこの名前が付けられているそうです。 


ああ、そういえばもうそろそろアレが出てくる時期なのですね…(遠い目) 


少し休憩。 


無理せずこまめに休憩をとることも、磯観察の重要なポイントです。

ゴールまであと少し! 


帰所後、採集した海藻の標本づくりです。

綺麗につくると、このような美しい標本になるそうですよ! 


まず、海藻を、このようにツルツルのコピー用紙に

そっと乗せて、形を整えます。 


吸水性のあるフェルトでこの海藻用紙を挟みまして。 


サンドイッチ! 


そらにダンボールで挟んで、扇風機で一晩乾かします!

うまく標本はできているでしょうか? 


続く

No comments:

Post a Comment