瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 8, 2014

海産無脊椎動物分子系統学実習⑩

長きに渡る分子系統実習のレポートも、いよいよ最後です! 


ついにシーケンスの結果が返ってきました。

解析用PCで慎重にデータを整理します。 


データ解析中。

四苦八苦しながら自分で系統樹を構築していきます。

一番ドキドキする瞬間ですね! 


キレイにアライメント(塩基配列の整列)ができました!

実はなにげに時間のかかる作業です。 


系統樹ができあがりました!

さて、この系統樹にはどんな意味があるかな? 


系統学や生物地理学は、分子系統解析の登場以後、大きく変わってきました。

しかし、分子系統学的手法は、あくまでもツールの一つにすぎません。 


得られた系統樹やハプロタイプネットワークの意味するところは、

解析対象とした生物の分類や生態に秘められています。 


DNAだけをみて、

生物そのものの観察を怠っては、結局は何も得られません。 


今回の実習では、そのようなことも

学んでもらえる良い機会だったのではないでしょうか。 


真面目な話はそれくらいにしておいて、

打ち上げ開始ッ! 


乾杯!

…の前に、隣の学生がぼそっと一言 


「今日から、お酒が飲めるんだ…」 


なんとこの日が誕生日だったそうです!

早く言えばケーキも買ってきたのに!笑 


瀬戸実習名物教員お手製料理①

宮﨑先生お手製の「アサリのパスタ」 


その②

中野先生お手製の海鮮味噌汁。 


美味しい料理と美酒に酔いしれ、

実習最後の夜は更けていきましたとさ。


というわけで、長きに渡った分子実習レポートですが、

これにて終了! 


3月はまだまだ実習ラッシュだったので、今後、少しずつアップしていきます!

No comments:

Post a Comment