瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 22, 2014

藻類の系統と進化③

海浜植物の次は、海藻実習です! 


野外に出る前に、まずは海藻のご説明。 


「かいそう」と言うと「海草」とも「海藻」ともとれますが、

これらは全く異なる分類群です。 


「海草」は、海に生息している種子植物(アマモなど)です。

「海藻」は、呼んで字の如く、目に見える大きさの海の藻類(コンブなど)です。 


こうした混同を防ぐため、「海草」は「うみくさ」と呼び分ける場合もあるそうです。 


先生が事前に採ってきた実物の海藻 を見ながらの説明。

みなさん興味津々ですねー。 


そして野外へ。

普段何気なくみている堤防などの岸壁にも、実はたくさんの藻類が生えています。 


岩場の藻類の説明。

ヒトに踏みつけられてもめげない

海藻達のたくましい生き様が見られます。 


磯の海藻シリーズ!!その① 

ヒジキ(Sargassum fusiforme)

言わずと知れた食卓の名脇役。

乾燥させる前では、このように枝がプリプリしています。 


その②

イソモク(Sargassum hemiphyllum ) 


その③

イワヒゲ(Myelophycus simplex) 


その④

ヒジキを囲むように生えているウミトラノオ(Sargassum thunbergii) 


この海藻の根本には、マキトラノオガニ(Pilumnopeus makianus)というカニが潜んでいることがあります。 


藻類実習レポート、まだまだ続く!

No comments:

Post a Comment