瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Feb 3, 2014

祝!岡西政典さん、千徳明日香さん優秀ポスター賞受賞!

Posted by AA


2014年1月25日に、兵庫県立人と自然の博物館で行われた日本古生物学会第163回例会にて、教育拠点PDの岡西政典さん、学振PDの千徳明日香さん、および国立科学博物館の藤田敏彦さんの研究が、優秀ポスター賞を受賞しました。

おめでとうございます!!

この研究では33属83種を扱った分子系統解析と、体内の骨片の形態も考慮した観察による形態形質の再査によって、ツルクモヒトデ目(棘皮動物門、クモヒトデ綱)の科レベルの分類体系を再検討しました。また、この知見に基づいて、腕が分岐するテヅルモヅルと呼ばれるグループが、当該目の中でどのように進化してきたかの考察しました。

発表演題

岡西政典・千徳明日香・藤田敏彦 
「ツルクモヒトデ目(棘皮動物門,クモヒトデ綱)の分子系統解析と骨片の形態に基づく新分類体系

日本古生物学会の大路樹生会長(右)から賞状を受け取る岡西さん(左)

千徳さん(左)と岡西さん(右)