瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Jan 31, 2013

タイへ行ってきました(前編)

どうも研究員のMokanishiです。1月15-21日までタイにフィールド調査に行ってまいりました。
今回はセミナーなどではなく、クモヒトデの採集が目的です。私の本業です。

タイの首都バンコクのはるか南のナコーンシータンマラートに行ってまいりました。
たくさん写真を撮ってきましたので、ダイジェストでどうぞ!


バンコク着の翌日、朝五時にホテルを出発。これから車で十時間かけて現地に向かいます。

今回はチェラーロンコーン大学(名門です!)の先生との合同調査です。先方でチャーターしてもらったワゴンの車内。ゴージャスです。運転手さんもお雇いです。
朝八時ごろ、SA的な所で朝食。皿にライスを盛ってもらい、ずらっと並んだおかずの中から二種類を選びます。
早速タイカレーに舌鼓を打ちました。美味い!!


少し明るくなって、近くに山があるのがわかりました。空気が澄んでいます。
途中、いきなりスコールに!!
熱帯地方感が高まってまいりました。
そしてすぐに止みました。乾季だったようで、空気もカラッとして快適でした。熱帯地方感がさらに高まってまいりました。


ここで昼食を。これは日本のイ〇ンと同じ…?











今度は麺を注文してみました。中華麺から平麺、うどん的な太麺など種類も様々。ここでは平麺をチョイス。
途中大学(名前失念)に寄ってダイビング用のタンクを借りました。恐ろしく広いキャンパスで、そこらじゅうに牛が。
世界は広い。
タンクを貸してくれた大学の方々と、それを撮影するF先生(私の院生時代の指導教官です)。
タンクを車に積み込む学生のSe(セー)さんと、ドライバーのNung(ヌン)さん。

セーさん背中にはガン○ムが!?
疲れて車内で寝てしまったF先生(右)と、チェラーロンコーン大学のApple先生(左)。
二大巨頭の昼寝というレアなシーン。ちなみにAppleというのは愛称だそうです。
運転し続けること九時間。少し景色が変わってきました。山が多くなってきたような?

ついに到着!かと思ったら、ここは事務所らしく、宿泊施設はここからさらに奥地へ。

あとひと踏ん張り!


























 運転することさらに三十分…。



















今度こそつきました!

両側に立ち並ぶ宿泊棟。その向こう側に広がる海。

リゾート感丸出しです。
チェックイン後、近くの海岸をお散歩。ほぼプライベートビーチ状態を満喫しました。
謎のデカい穴発見。さぞ立派な主だと思われますが、残念ながら姿は見せず。
打ちあがった貝たち。白浜でみられるものと違う気がする。



波と戯れる犬。気温は35度。犬だって水につかりたくなってしまう暑さです。










陽が暮れてきました。幻想的な雰囲気があたりに漂い始めます。
このあたりではイルカがみられるらしく、ホテルの名前のロゴにイルカが。残念ながら今回の調査では見られませんでした。
夕暮れ。ライトにぼんやりと浮かび上がる宿舎。
息をのむほど美しい夕暮れ。我が人生ここに極まれり。
夕食の光景。こういう野外での食事が多かったです。南国ならではでしょうか












こうして無事目的地に到着し、明日からはいよいよ調査開始です。はたしてクモヒトデは採れるのか!?それ以前に調査は無事に終わるのか!?

激動のタイ調査後篇へこうご期待!