瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Dec 27, 2012

汎用干潟決戦兵器ヤビーポンプ試験運用レポート

この度は、イギリスから輸入した汎用干潟決戦兵器ヤビーポンプの試験運用に関して、諏訪博士の貴重な証言を元に報告します。

    藤本
          「まず、汎用干潟決戦兵器ヤビーポンプ入手
            至った経緯を説明していただけませんか?」

    諏訪博士
          「この兵器の存在を知ったのは、高知県に送り
            込んだ我が実験所の諜報部員2名の報告を聞
            いた時です。彼らの報告によると、高知では
            干潟で穴の中に籠城している生き物を吸い出
            してしまう恐ろしい兵器が使用されていると
         のことでした。穴の主の効率的採集は、我々
         の長年の夢でした。当実験所はこの兵器入手に
         すぐに動きました。」

    藤本
               「そして今回の試験運用に至ったというわけで
         すか。穴を掘らず、生き物を吸い出せるなん
         て夢のような兵器ですね。ちなみにヤビーポ
         ンプではどのような生き物を穴の中から吸い
         出せるのですか。」

    諏訪博士
        「諜報部の報告によると、アナジャコ類、スナ
         モグリ類、カニ類、稀に魚類が採れるそうで
         す。」

    藤本
        「魚が干潟の穴の中にいるのですか!今回は採
         れたのですか?…すいません、先走ってしま
         いました。今回の試験運用はいつ行われたの
         ですか。」

    諏訪博士
        「結果はあとでお話しするので落ち着いてくだ
         さい。試験運用は12/25 21:30-23:00に近所の
         干潟で行いました。」


準備中の諏訪博士
    藤本
        「いくら干潮だからと言って、年末の夜なんて
         寒いのによく計画されましたね。」

    諏訪博士
        「熱い魂とPerfumeの音楽さえあれば、なんだ
         てできるのですよ。寒いからなんて言い訳し
         ていたら何もできやしません。」

    藤本
        「軟弱なことを言ってしまい申し訳ございませ
         ん。諏訪博士が寒さに狼狽えるなどあり得な
         いですよね。干潟といえば、足が抜けなくな
         って身動き取れなくなったりして泥まみれに
         なってしまうと思うのですが、実際現場では
         どうでしたか?」

    諏訪博士
        「我々のチームは慎重を期し、安全そうなとこ
         ろでヤビポンを使ってみました。」


汎用干潟決戦兵器ヤビーポンプ使用風景
(左:諏訪博士;右:岡西研究員)
    
    藤本
        「そして結果は?」


    諏訪博士
        「誰かがまずカニを採ったような記憶があるの
         ですが、よく覚えていません。そのあとに、
         岡西研究員がアナジャコの採集に成功しまし
         た。カニなら、種類さえ気にしなければどこ
         でも簡単に採れるので、印象に残らなかった
         のだと思うのですが、アナジャコを見たとき
         はうれしかったです。」


岡西研究員の採れたてアナジャコ類
    藤本
        「ヤビーポンプ試験運用は成功といってよいの
         でしょうか?」

    諏訪博士
        「はい、成功です。最初のアナジャコが見つか
         った後も、いろんな巣穴をヤビポンで吸った
         のですが、採れるのはカニばかり。アナジャ
         コは岡西研究員が追加で2個体採っただけで
         した。私もアナジャコ採りたかったです。ア
         ナジャコにはマゴコロガイという貝がくっつ
         いていることがあるので、それも採りたかっ
         たのですが今回はダメでした。」

    藤本
        「ヤビーポンプの今後の活躍は期待していいの
         でしょうか。」

    諏訪博士
        「多いに期待していいと思います。実習での干
         潟の生物採集では必須のものとなるでしょう。」

    藤本
        「今日はお忙しい中インタビューにお付き合い
         いただき、どうもありがとうございました。」

    諏訪博士
        「いえ、こちらこそありがとうございました。」


実験所に連れて帰ってきたアナジャコ類&カニ類

(Posted by 藤本)