瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Nov 17, 2012

深海ドレッジ第2部

どうも深海ドレッジ調査主席研究員の藤本です。

去る火曜日、2回目となる深海への侵攻を試みました。
今日の目標は砂泥とその中にいる生き物の採集。あわよくば大きな生き物も。
お仕事の都合や海への畏怖などの理由により、戦力は、技官さん3人と、Z様(実験所最強戦力)と私だけ。この記事はZ様に写真を提供していただいております。


前回(11/8)、大荒れの海と戯れるだけで終わってしまった深海ドレッジ調査ですが、今回の海は穏やか。


(写真の島は、京都大学所有です。)






ぶ~~~~~~ん~~
(順調に移動中!)
技官Zさん、Kさん余裕の運転。



 
 
 
 




前回の調査は一体なんだったのか、あっけなく採集予定地点に到着。

さっそく、砂泥採集に特化したドレッジ投入!(by 技官Kさん)






 

 




技官Oさんの巧みな技でドレッジを深海400 mに送り込みます!














(しばらく待ち時間)



 

 

 









ドドドドドドドドドドドドドドドドドッ!!!








深海から帰ってきたドレッジ!!

果たして中身は?















あれっ、ぺちゃんこ…



 




 

(失敗したので、少しドレッジを改良してやり直し)








 


こんどこそ頼むぜ、
ドレッジちゃん!!











(しばらく待ち時間)









 
 
 
なんか入って
るゥゥゥゥゥゥッ!!



そして超重い!


 
助けてくださいZ様。





ベチャッ!

おかげさまで、さらさらな泥パックに使えそうな泥がいっぱい採れました!






今日のところはここでおしまい。

泥の中から一体どんな生き物が採れたのか、また今度紹介したいと思います。

まだまだ作業中ですが、すんごいことになっています。



 

(Posted by 藤本)