瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Jul 15, 2012

第12回国際サンゴ礁シンポジウム


基調講演の様子
http://www.icrs2012.com/Downloads/ICRS2012_Outcomes_Report.PDF

 201279日から13日に第12回国際サンゴ礁シンポジウム(International Coral Reef Symposium: ICRS)に参加してきました。私はICRSに初参加でしたのでまず規模に驚きました。今回はオーストラリア、ケアンズのCairns Convention Centre Sebel Cairnsにて開催され、80カ国から2000人以上の参加者があり、日本からも数十名が参加していました。発表内容は、サンゴとサンゴ礁に生息する多くの生物に関する生物学分野、地質学分野、海洋酸性化、海洋保護区やモニタリングなど多岐に渡り、サンゴ礁研究の幅広さを知りました。

 今回ポスター発表を行い、国外での自分の専門分野への関心の度合いや、取り組んでいる人と知り合えたと同時に、議論を通して有益な情報を得ることもできました。この5日間を通じて世界中の色々な国に友だちが増えたのも国際学会ならではでした。この繋がりを今後も大切にしていきたいです。

 今回は登録料が割高だったのに加えケアンズというリゾート地での開催で経費が嵩んだため、京都大学教育研究振興財団から旅費、宿泊費の助成金を頂けて非常に助かりました。ありがとうございました。


(posted by Yuna)