瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Jan 21, 2019

「体験学習 白浜の海から学ぼう」

posted by AA

全日本海員組合による「体験学習 白浜の海から学ぼう」がありました。白浜町の小学生たちが乗船体験をしたり京都大学白浜水族館を見学したりして、白浜の海、船、生物について学びました。
写真は白浜水族館の加藤哲哉さんのご好意によるものです。
















Jan 18, 2019

祝! 吉川晟弘さん論文出版!

posted by AA

 博士後期課程2年生の吉川晟弘 さんが論文を発表されました。おめでとうございます。

Morphology and Habitats of the Hermit-Crab-Associated
Calyptraeid Gastropod Ergaea walshi

Akihiro Yoshikawa, Ryutaro Goto, and Akira Asakura

ZOOLOGICAL SCIENCE 35: 494–504 (2018)

これはヤドカリが利用している巻貝の貝殻の内側につく珍しい貝の仲間の生態に関するものです。巻貝の仲間ですが、平たい笠型の形をしています。
写真:吉川晟弘 Copyright 


写真:吉川晟弘 Copyright 


Ergaea walshi, a gastropod with a markedly flat shell, often lives inside empty snail shells occupied by hermit crabs. We investigated its lifestyle, shell growth pattern, and habitat preference for host hermit crabs and host snail shells. Four hundred sixteen snail shells, including 363 shells with hermit crabs and 53 empty shells, were collected from intertidal zones of sandy and muddy flats around Kii Peninsula, Japan. The specimens comprised seven hermit crab species occupying 24 shell species; E. walshi was harbored in 13.2% of snail shells with hermit crabs and 17.0% of those without hermit crabs. Although no preference was detected for particular species of hermit crab or snail shell, E. walshi preferred to live inside of snail shells with wider apertures used by comparatively bigger hermit crabs. This suggests that the occurrence of E. walshi was influenced by host size rather than host species. When looking at growth patterns, we found that the attached shell portion of E. walshi continued to be enlarged horizontally, while growth in shell height slowed at approximately 5.0 mm. The conspicuously flattened shell of E. walshi is considered as a growth pattern for adapting to the narrow space within the snail shell occupied by hermit crabs. Consistent with this idea, our comparison of shell growth patterns in 23 calyptraeid species showed that shell of E. walshi is the flattest in this family.


Jan 17, 2019

京都大学フィールド科学教育研究センターと東ダバオ州立大学との交流協定


東ダバオ州立大学の交流協定の調印式と記念講演会が行われました。

以下フィールド研のホームページより。
引用元
http://fserc.kyoto-u.ac.jp/wp/blog/archives/26057

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都大学フィールド科学教育研究センターは2018年11月22日、フィリピン・東ダバオ州立大学地域統合沿岸資源管理センターとの部局間交流協定を締結しました。今回、Edito B. Sumile 東ダバオ州立大学学長が来日する機会に合わせ、同センターで調印式およびSumile学長の講演会を開催しました。
  調印式にはフィールド研から山下洋 センター長等9名が、東ダバオ州立大学からはSumile学長等3名が参加し、山下センター長及びSumile学長が協定文書に署名しました。続いて行われた講演会ではSumile学長が大学の概要について、Lea Jimenez 地域統合沿岸資源管理センター長がセンターの活動について、Emily Antonio 研究倫理室長が 東ダバオ州の地勢と同地におけるこれまでの日本との共同研究について紹介しました。山下センター長をはじめとする聴衆は興味深く耳を傾けていました。

 フィールド研では教育研究の柱とする「森里海連環学」をテーマに研究を行っており、フィリピン・ミンダナオ島における陸域と沿岸域の相互作用及び生態系連環に関する情報の集積を行ってきました。今回の協定締結により、東ダバオ州立大学地域統合沿岸資源管理センターと森里海連環学研究を推進していく予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用ここまで


Special Thanks 写真提供:フィールド研企画情報室